高血圧対策はとにかく動くことと食事に気を使うこと

朝起きても頭がぼーっとして集中力が全然なく、同時に何をするにもやる気がまったく起こらないことがしばらく続いたのです。
ちょうど太りはじめた頃のことでしたし、あまりに調子が悪いので病院に行き調べてもらった結果「高脂血症」と「高血圧」との診断で、すぐに生活改善を、との指導を受けました。

 

薬はあまり飲みたくなかったので、主治医と相談して食事と運動で血圧を下げることにしたのです。
まずはじめたのは、食事改善でした。
仕事の関係で外食が多く、しかも昼夜ともにコンビニ弁当を食べるのがほぼ毎日でした。
時には弁当だけでは足らずにカップラーメンを追加で食べたりして、ただただ空腹を埋めるだけの食事でありました。
夜は、早めに仕事が終われば缶ビールを数本飲み、その後に麺類を食べるという日々で、自覚症状がまったくなかったので自己判断で「問題なし」と決めつけていたのです。

 

とにかく、コンビニ弁当はやめて、おにぎり数個と野菜サラダにして、同時にカップラーメンもやめました。
太ってしまったこともあり、減量も兼ねて食事の量を減らすことにしたのですが、空腹感が強くて耐えきれないときは、牛乳を飲むようにしてました。
夜の飲酒は週末だけにして、酒のつまみも乾き物はすべてやめ、納豆であったり豆腐に切り替えました。
また夜の食事は飲酒をしたら食べないことにして、お味噌汁だけを飲むように心がけ、そのかわり朝は少し多めに摂るように心がけました。

 

高脂血症という事もあったので、タンパク質を摂りすぎないよう注意をすることと塩分を控え目にするよう家内に協力してもらいました。
朝起きてぼんやりしていたのが嘘のようになくなり、体調がだんだんと戻っていったのがひと月過ぎた頃だったでしょうか。
運動と称して小さな折りたたみ式の自転車を購入し、わざわざ遠くまで行っては買い物をするということをして運動代わりにして過ごしてました。
やっと平常値に戻ったのでうれしかったのですが、それでもまたいつ上がるかわかりませんので、充分気をつけてます。

 

今現在も野菜中心の食事を徹底的にしており、運動も欠かしておりません。
とにかく続けることが大切です。

 

【50歳・男性】